<教育>【ふくしま未来学入門】スペシャルトークセッション(1/25)

1月25日(月)はスペシャルトークセッション!元内閣府大臣政務官・復興大臣政務官 衆議院議員の亀岡偉民氏の講演、さらにパネルディスカッションは、小高ワーカーズベース代表の和田智行氏、concept-village代表の馬場大治氏、「むらの大学」受講生の木村元哉氏、仮設住宅における「いるだけ支援」に取り組む加藤実可子氏を迎えて行いました。

 

震災直後から故郷福島の再生や復興のために活動を行ってこられた亀岡氏からは、復興にむけて多様な視点を持って挑戦していくことが必要だと、未来をつくる若者への力強いメッセージをいただきました。

IMG_0584

パネルディスカッションでは、南相馬市の小高ワーカーズベース代表の和田智行氏から、小高は現代日本最後のフロンティアであるとして、雇用創出と人材育成のフィールドを整備していくことの必要性が語られました。

IMG_0591

concept-village代表の馬場大治氏は、福島生産者が抱える課題を解決するには、商品開発や消費プロセスの構造を根本的に変えていく必要があると語られました。
さらに福島大学の学生である、「むらの大学」受講生の木村元哉氏からは、若者の役割は世代と世代をつなぐ接着剤になれることだとし、また、仮設住宅におけ る「いるだけ支援」に取り組む加藤実可子氏からは、話を聞く・そばに居るという小さなことでも役に立てることがあると語られ、「学生だからできる役割」を 考えるきっかけとなりました。

IMG_0598IMG_0649

今回の講義では、さまざまな立場から復興への見方や考え方を伺うことができ、受講生は小さなことからでもできることから始め、変化と行動の積み重ねが大事であることを学びました。地域に関わってみたい、チャレンジしてみたいと意気込む受講生も多かったようです。
ご登壇いただいたゲストのみなさま、ありがとうございました。

IMG_9348IMG_0615

今年度のふくしま未来学入門は、来週の授業をもって終了です。来年度も引き続き、開講しますのでお楽しみに。

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

Page Top