<教育>【ふくしま未来学入門】地域の公共財としての鉄道~三陸鉄道 復旧・復興の取り組み~(12/14)

12月14日(月)のゲスト講師は、三陸鉄道株式会社代表取締役社長 望月正彦氏でした!

「地域の公共財としての鉄道~三陸鉄道 復旧・復興の取り組み~」をテーマにご講義いただきました。

DSC04359

三陸鉄道は、岩手県陸中海岸を縦貫する路線を持つ第三セクターの鉄道会社です。沿岸部に住む児童や高齢者の貴重な生活の足となり、NHKの朝ドラ「あまちゃん」のモデルとなったことも加え多くの観光客を運び地域の活性化にも貢献しています。

DSC04347

人口減少や少子化、車社会の到来によって赤字経営の中、東日本大震災が襲い、三陸鉄道は線路を失う等大きなダメージを受けます。その中でも望月社長は、 「鉄道が廃止されて栄えた町はない」「住民の生活の足を守る」という強い意志を持ち、他に類を見ない早さで復旧・復興を遂げてきました。

DSC04383

受講生からは、「望月社長の決断力と行動力で住民の鉄道への信頼が高まったと思う」「新しい発想の取り組みばかりで驚いた」「三陸鉄道の取り組みを福島でも活かしていけないか」という声がありました。
様々な企業との連携により、人や収入を得るしくみをつくり、ムーブメントを興している三陸鉄道の取り組みから多くのことを学ぶ時間となりました。

望月社長、ありがとうございました。

 

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

Page Top