平成26年度地域志向教育研究経費の募集について

平成26年度地域志向教育研究経費の募集について

※学生の皆さんも対象になる項目もありますので掲載いたします。

「ふくしま未来学」を推進するための地域志向教育研究経費の募集について

ふくしま未来学推進室においては、東日本大震災による原子力災書の経験を踏まえ、地域課題を実践的に学び、未来を創造できる人材を育成する特修プログラム「ふくしま未来学」を推進するに当たり、地域を志向した教育・研究・社会貢献を行うための経費を支援しています。
つきましては、下記のとおり「地域志向教育研究経費」の募集いたしますので多くの皆さまの申請をお待ちしております。

1.区分及び対象

(1)地域協働推進費(地域開放型科目担当者)
地域を志向した授業科目の実績がある教員(開講予定を含む)が対象で、「ふくしま未来学」の科目を担当できる教員。

(2)地域協働推進費(プロジェクト)
複数の教員による、教育・研究・社会貢献のいずれかにおける地方自治体等との連携した取り組みが対象で、その成果として「ふくしま未来学」の科目開設を目指す教員。

(3)地域調査支援費
地域志向の研究活動を行う教員が対象で、将来的に「ふくしま未来学」の科目の開設、開放科目または公開講座の開設を目指す教員。

(4)地域振興推進費
本学学生が自主的・主体的に行う地域活動が対象で、当該地域活動を指導し地域振興を推進する教員。

2.応募資格

国立大学法人福島大学職員就業規則(金谷川事業場)第2条第2項で定義される教員。

3.配分金額

(1)地域協働推進費(地域開放型科目担当者)
1人当たり300千円を上限として、5名。

(2)地域協働推進費(プロジェクト)
1プロジェクト当たり1,000千円を上限として、5プロジェクト。

(3)地域調査支援費
1人当たり300千円を上限として、15名程度。

(4)地域振興推進費
1人当たり200千円を上限として、5名程度。

4.募集期間

平成26年4月25日(金)~ 5月21日(水)

5.申請方法

申請者(プロジェクト代表者)は、「地域志向教育研究経費申請書」に必要事項を記入のうえ、
ふくしま未来学推進室(以下「推進室」という。)に提出する。
詳細については、募集要項をご確認ください。

ecalic023_063平成26年度地域志向教育研究経費募集要項

ecalic023_063平成26年度地域志向教育研究経費申請書(記入例)

ecalic023_063平成26年度地域志向教育研究経費申請書(様式)

Page Top