new!「(総)ふくしま未来学入門」の授業スケジュール決定!

【全学年対象】「(総)ふくしま未来学入門」の

            授業スケジュールが決定しました!

原子力災害からの経験を踏まえ、地域課題を実践的に学び、
未来を創造できる人材の輩出と原子力災害からの地域再生をめざす、
福島大学ならではの教育プログラム「ふくしま未来学」

その入門編「(総)ふくしま未来学入門」(後期・金2)の今年度授業スケジュールが決定しました!
多彩なゲスト講師と学内講師のオムニバス講義により、福島の課題と未来を様々な角度から学べるプログラムです。

【こんな学生にオススメ!】
・地域の問題解決を、社会的な事業として取り組んでいる実例をもとに学びたい。
・福島の未来について自分ができることを考えたい。
・震災によっておこった地域の課題を知りたい。

【2018年度「(総)ふくしま未来学入門」スケジュール】
★導入★
①「ふくしま未来学」への招待
~ガイダンスとオリエンテーション~

★ユニット1:あの日・あの時の福島と、そこから学ぶべき教訓
② 原発は双葉郡の暮らしをどう変えたか

③ 東日本大震災・ふくしまで起こったこと ーあのとき避難所はー

④ 東日本大震災・ふくしまの教訓を生かした避難所シミュレーション「さすけなぶる」体験

★ユニット2:現在の福島が抱える課題と、未来に向けた取り組み
⑤ 放射能と健康被害:常識への挑戦

⑥ 食の安全と農の復興

⑦ 震災と原発事故を経験した福島でしか学べない新しい教育旅行プログラム

~ホープツーリズム「自分自身を成長させる学びの旅」~

⑧「ふくしま」をともに考え伝えるツールとしての演劇 ~他人事から自分事へ~

⑨ 福島の課題を「自分事」にするワークショップ

★ユニット3:福島を世界に伝える ~風評被害の根源と私たちができること~
⑩ 原子力災害の社会的影響 - 国内外における風評問題のメカニズムとその対策(仮)

⑪ 海外から見えるFUKUSHIMA~在住外国出身者によるラウンドテーブル~(仮)

⑫ 復興とインバウンド・ツーリズムの展望

⑬ OECD東北スクールと教育復興

★まとめ
⑭ 全体の振り返りとレポート

詳細は学内掲示、またはライブキャンパスをご覧ください!

毎年、約300名の学生が受講する大人気授業「(総)ふくしま未来学入門」。

皆さんの受講をお待ちしています!

※受講希望者は、必ず第1回授業(ガイダンス、10月5日・金曜2限)に参加してください。

Page Top