<教育><社会貢献>かわうち100%フェア 軽トラ市を開催しました!(11/6~11/10)

【かわうち100%フェア 軽トラ市!大盛況でした】
11月6日(月)~10日(金)まで、川内村の農産物のおいしさを味わい、楽しむ5日間として「かわうち100%フェア」が福島大学で開催されました。
11月9日(木)は、福島大学生協前で福島県川内村の農産物&加工品を販売する「軽トラ市」が川内村主催で行われました。
※この取り組みは、ふくしま未来学(COC)むらの大学を後援、福島大学生活協同組合、うつくしまふくしま未来支援センター、相双農林事務所双葉農業普及所、川内普及所の協力のもと行いました。

当日は、かわうち野菜勉強会の農家さんや役場のみなさんが福島大学にお越しになり、ネギやにんじん等の野菜、エゴマ油や柏餅、焼き栗等の加工品を販売しました。
※心の込もった品々を販売をしてくださった方々は、株式会社緑里、合同会社かわうち屋、有限会社遠藤きのこ園、株式会社KiMiDoRi、株式会社ダノニー、生産者 遠藤 雄幸さん、猪狩 貢さん、新妻 幸子さんです。


地域実践学習「むらの大学」を通じて、川内村の方々と交流を深めてきた受講生や修了生などの学生も多く関わりました。自分たちで育てた特別栽培米「里山のつぶ」の量り売りや試食コーナーを運営し、学生自ら川内村の魅力を身近な人に発信する、伝える機会になりました。


商品はほぼ完売で、多くの学生や教職員だけでなく、地域にお住まいの方や大学に訪れた方々にお買い上げいただき交流をすることができました。
「いろんな種類の商品があってよかった」「またやってほしい」という嬉しい声も!お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

 😀 ◆川内村の加工品が11月いっぱい大学生協の購買で購入できます◆ 😀
軽トラ市に行けなかったという方も、ぜひお買い求めください。

Page Top