福島大学 学長からの挨拶

福島大学長 中井勝己

福島大学長 中井勝己

 福島大学は、平成25年度の文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」において「原子力災害からの地域再生をめざす『ふくしま未来学』の展開」の採択を受けました。今日の大学教育では、フィールドワークなどにより学生が自主的に学ぶアクティブ・ラーニング(能動的学習)が重視されています。「ふくしま未来学」は、東日本大震災と福島原発事故の被災地の現場に出向き、課題を理解しその解決を見出すという、地域課題への実践的な学びを通し、地域再生に取り組む人材の育成をめざしています。
 福島県では、いまだに12万人以上の住民が避難生活を余儀なくされ、避難生活の長期化による様々な問題(就労、教育、健康問題等)が継続しています。さらに、産業分野においても、放射能汚染による農業・漁業・林業等が再開できないという実被害や、安全を確認した産物が売れないといった風評被害も続いています。このような状況にある福島をいかに再生させるかは、被災地にある福島大学の大きな社会的使命でもあります。
 また、被災した地域は、日本の21世紀課題を先取りした「課題先進地」とも言われ、少子化・高齢化、産業の衰退、教育・医療・福祉の弱体化、集落の消滅など、地域におけるこれからの課題が加速し顕在化しています。その意味で「ふくしま未来学」は、日本の21世紀課題の解決に貢献できる人材の育成とも言えるものです。
「地方創生」が国の重大な政策として掲げられる中、地域の拠点大学として、「ふくしま未来学」の一層の充実を図っていきます。

Page Top