COC公開授業

【ふくしま未来学入門】第3回メディアは何を伝えたか~ラジオと震災~(10/19)

10月19日、ふくしま未来学入門の授業の講師は、フリーアナウンサー大和田 新さんでした!

「メディアは何を伝えたか~ラジオと震災~」をテーマに東日本津波・原発事故大震災についてお話しいただきました。

DSC03216
約2万人の方が震災で犠牲になりました。福島県では震災関連死が今も増え続けており現時点で1975名。震災の直接死1604名を超えています。
大和田さんがこれまでに出逢った亡くなられた方やそのご家族の話から、その2万という数字の陰にあるひとつひとつの悲しみ、その想いを今もこれからも抱きながら生きていく方がいるのだと、伝えてくださいました。

DSC03211
受講生は時には涙を流しながら真剣に耳を傾け、「命の大切さ」を考える時間となりました。

 

大和田さん

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

【ふくしま未来学入門】第2回里山資本主義から考える福島の未来(10/15)

10月15日、ふくしま未来学入門の授業の講師は、里山資本主義や報道ステーションのコメンテーターでも有名な藻谷浩介さんでした!

DSC02792

授業が始まると、早くも藻谷ワールドに。クイズ形式でわかりやすく、イメージと空気は、実際の現実とは違うことを説明してくださいました。それは今の福島の現状にもつながります。また、6次産業や、木材を使った海外や日本の事例に、福島での可能性も感じました。

DSC02798

 

事実を知ること・発信することの重要性、福島の可能性を感じた、あっという間の90分でした。

 

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

【ふくしま未来学入門】第1回「ふくしま未来学入門 」オリエンテーション(10/5)

「ふくしま未来学」の導入編の新規科目「ふくしま未来学入門」が開講しました。

この科目は、地域課題の解決をめざし行動する企業などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の志向を養うこ とを目指し、362名の学生と公開授業に申込みくださった福島県にお住まいの12名の方が受講します。

昨日は、初日のオリエンテーションが行われ、教室は 満席状態でした。

DSC02632

 

次回からいよいよ講師の方をお招きしての授業がはじまります。
10月15日(木)の講師は、第7回新書大賞を受賞した『里山資本主義』(角川Oneテーマ21)の著者である藻谷浩介氏。
『里山資本主義から考える福島の未来』についてお話をいただきます。

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

【coc公開授業】ふくしま未来学入門公開授業

「ふくしま未来学入門」ってどんな科目?

震災・原発事故以降「ふくしま」では、多くの問題が顕在化し、課題先進地域として地域課題の解決と再生が求められています。
地域再生をすすめるためには、地域の課題を的確にとらえ、既存の枠にとらわれずに多様なセクターと恊働する課題解決型の思考が
必要不可欠です。

福島県のみならず各地域で課題を解決するために様々な取り組みが行われてきていますが、
そこでの地域実践は、「ふくしま」の課題解決につながる事はもちろん、これから近い将来日本の社会全体が
直面するであろう課題を解決する上でもモデルになると考えられます。

「ふくしま未来学入門」では、地域課題の解決をめざし行動する企業などを講師としてお迎えし、
取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の思考を養うことを目指します。

掲示用(講師紹介)2

 

 

 

 

 

 

 

 

年月日講義タイトル講師
H27
10/5(月)
第1回オリエンテーション 「ふくしま未来学」とは ~東日本大震災と原子力災害は地域に何をもたらしたか~
H27
10/15(木)
第2回里山資本主義から考える福島の未来藻谷 浩介氏

H27
10/19(月)
第3回メディアは何を伝えたか~ラジオと震災~大和田 新氏

H27
10/26(月)
第4回
原発23kmでの医療支援・今現場で何が起きているか坪倉 正治氏
H27
11/2(月)
第5回あすびと福島(福島の明日を担う人材)をつくる半谷 栄寿氏

H27
11/9(月)
第6回地域課題を発見する~石巻市雄勝地方における学校再生の取り組み~油井 元太郎氏

H27
11/16(月)
第7回
東日本大震災における財団やNPO・NGOの取り組み荒井 優氏
H27
11/25(水)
第8回新しいエネルギーの地産地消モデル~どうして会津電力?~山田 純氏
H27
11/30(月)
第9回休講
H27
12/7(月)
第10回新たな価値創造 Suica~社会インフラへの発展井上 健氏
H27
12/14(月)
第11回地域の公共財としての鉄道 ~三陸鉄道 復旧・復興の取組み~ 望月 正彦氏
H28
1/4(月)
第12回休講
H28
1/18(月)
第13回
地域のめぐみを活かしたこれからの街づくり
小西 千晶氏
H28
1/25(月)
第14回スペシャル・トークセッション
H28
2/1(月)
第15回まとめ

【coc公開授業】H27年度COC公開授業募集要項⇒募集締め切り(9/18)

H27年度COC公開授業の募集は締め切りました。多くのご応募ありがとうございました。

 

●平成27年度COC公開授業科目:

「(総)ふくしま未来学入門」(COCコア科目)

 

「ふくしま未来学入門」ってどんな科目?

震災・原発事故以降「ふくしま」では、多くの問題が顕在化し、課題先進地域として地域課題の解決と再生が求められています。地域再生をすすめるためには、地域の課題を的確にとらえ、既存の枠にとらわれずに多様なセクターと恊働する課題解決型の思考が必要不可欠です。

福島県のみならず各地域で課題を解決するために様々な取り組みが行われてきていますが、そこでの地域実践は、「ふくしま」の課題解決につながる事はもちろん、これから近い将来日本の社会全体が直面するであろう課題を解決する上でもモデルになると考えられます。

「ふくしま未来学入門」では、地域課題の解決をめざし行動する企業などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の思考を養うことを目指します。

▼ゲスト講師一覧▼(クリックで拡大)
掲示用(講師紹介)2

 

 

 

 

 

 

 

●受講できる人:
地域のみなさま(性別、年齢、学歴問わず)

●受講料:
無料

●募集期間:
平成27年9月1日(火)~平成27年9月18日(金)必着

●申込方法:
(1)郵送  …申込書をダウンロードして印刷する。または、チラシ裏面下部の
「平成27年度福島大学ふくしま未来学COC公開授業申込書」をコピー印刷して利用する。
(※チラシに直接書き込んで郵送していただいても問題ありませんが、手元に公開授業の情報を持っていたい方はコピー印刷をお勧めします。)

必要事項を漏れの無いように記入する。

申込宛先までご郵送ください。

(2)FAX   …申込書をダウンロードし印刷する。または、チラシ裏面下部の
「平成27年度福島大学ふくしま未来学COC公開授業申込書」を利用する。

必要事項を漏れの無いように記入する。

申込宛先までFAXしてください。

(3)Eメール…Eメールタイトルに「COC公開授業受講申込」と記入する。

Eメール本文に以下【Eメール必要事項】を漏れの無いようにする。

申込宛先までEメールをお送りください。

 

 

 【Eメール必要事項】

①氏名(ふりがな)
②郵便番号および住所
③電話番号(自宅、携帯電話※連絡のつく電話番号でお願いいたします。)
④ご職業(1.会社員、2.自営業、3.公務員、4.教員、5.学生、6.主婦、7.無職、8.その他)
⑤受講希望理由

●申込宛先:
〒960-1296 福島市金谷川1番地
福島大学 ふくしま未来学推進室事務局
FAX :024-504-2849
Eメール:miraigaku@adb.fukushima-u.ac.jp

【coc公開授業】福島大学公開授業 受講の流れ

 

●申し込み→受講許可まで:

 

ながれ

①申込
下記ページをご覧いただき、規定の方法で申し込み下さい。
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=288

②申込結果通知
申込受付期間(2015/9/1~2015/9/18)終了後、申込結果を通知します。
※申込が多数の場合、受講人数を調整する場合がございます。

③受講
受講許可を受けた方は、授業を受けることが出来ます。
学生と共に、大学ライフを楽しみましょう!

 

●「(総)ふくしま未来学入門」について

▶開講時期:H27年10月~翌2月 月曜日の8:40~10:10(1時限目)
※祭日等の関係により別曜日に本授業を実施することがあります。(「みなし曜日」制度)
本授業に関しましても、みなし曜日で実施する回がございます。

▶授業日程(予定)

年月日講義タイトル講師
平成27年10月5日(月)第1回
オリエンテーション 「ふくしま未来学」とは
~東日本大震災と原子力災害は地域に何をもたらしたか~
平成27年10月15日(木)第2回地域を興す(仮)
藻谷 浩介氏

平成27年10月19日(月)第3回メディアは何を伝えたか
~ラジオと震災~

大和田 新氏

平成27年10月26日(月)第4回
原発23kmでの医療支援・今現場で何が起きているか

坪倉 正治氏
平成27年11月2日(月)第5回子どもたちの新しい学びの場をつくる
~南相馬ソーラーアグリパークの取り組みから~
半谷 栄寿氏

平成27年11月9日(月)第6回地域課題を発見する
~石巻市雄勝地方における学校再生の取り組み~
油井 元太郎氏

平成27年11月16日(月)第7回
東日本大震災における財団やNPO・NGOの取り組み
荒井 優氏
平成27年12月25日(水)第8回新しいエネルギーの地産地消モデル

山田 純氏

平成27年11月30日(月)第9回休講
平成27年12月7日(月)第10回新たな価値創造 Suica ~社会インフラへ発展~
井上 健氏
平成27年12月14日(月)第11回地域の公共財としての鉄道
~三陸鉄道 復旧・復興の取組み~
望月 正彦氏
平成28年1月4日(月)第12回休講
平成28年1月18日(月)第13回
地域のめぐみを活かしたこれからの街づくり
小西 千晶氏
平成28年1月25日(月)第14回スペシャル・トークセッション
平成28年2月1日(月)第15回まとめ

【coc公開授業】福島大学の公開授業について

地域のみなさま対象!ふくしま未来学の授業を受けてみませんか?

ふくしま未来学では、社会貢献活動の一環として、地域住民のみなさまへ「ふくしま未来学(COC)」の一部の授業科目の公開を行います。

科目 「ふくしま未来学入門」
開講時期 10月~翌2月 月曜日1限目8:40~10:10
受講料 無料

 

▼Q&A
福島大学生が学んでいる「ふくしま未来学」には、どんな授業があるの?
そもそも、「ふくしま未来学」って何?

 

この機会に、福大生と共に授業を体験してみましょう!
※注意※
福島大学地域連携課が実施する「公開講座」「公開授業」「出前講座」とは異なります。福島大学「公開講座」「公開授業」「出前講座」についてのご案内は福島大学ホームページをご覧下さい
http://www.lll.fukushima-u.ac.jp

Page Top