COC公開授業

<教育><社会貢献>【ふくしま未来学入門】第2回「富岡町の役割と復興への軌跡」(10/14)

昨年度開講した「ふくしま未来学入門」
この科目は、地域課題の解決をめざし行動する企業や個人などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の志向を養うことを目指しています。
今年度は、337名の学生と、公開授業にお申込みいただいた25名の一般の方が受講しています。
(H28ふくしま未来学入門授業スケジュール http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=1169

dsc01361dsc01366

 

第2回「ふくしま未来学入門」の講師は、富岡町産業振興課課長の菅野利行さんでした。
菅野氏は、東日本大震災時には総務課課長補佐として災害対策本部に所属し、前例のない混乱の中指揮してきました。現在は、産業振興課長として、帰還に向けた大型複合商業施設整備や中小企業・農林産業の再興への取り組み、太陽光発電事業、賠償を所管しています。
dsc01391dsc01363

 

まず、この授業は1年生が多く、県外出身の学生も多いことから、現在も避難生活が続き、約9万人の人たちが県内外に避難している基本的なことをお話ししていただきました。学生からは「富岡町という町は恥ずかしながら知らなかった。今もなお避難している人がいるということに驚いた。まだ苦しんでいる人々がいるという事実を知れてよかった」という感想がありました。福島に住んでいても、震災や避難といった状況を知らない学生が多いことが現実です。

 

今回の原発事故による避難とはどういうことなのか。進学や就職のように自分で選択し、覚悟してふるさとを離れたのではないことが決定的な違いであり、だからこそ何で避難しなくてはいけないのか、志半ばにしてふるさとを離れた思いや感情が強くあるということに気づかされました。
dsc01375
また、国は避難指示を出すだけで、町が対策をしないと町は消滅してしまう可能性があることも現実だと知りました。富岡町では第二次復興計画に、帰還する、帰還しないだけではない、第三の道を明記しています。そのために、震災後住所を町外にうつした人にも、引き続き情報提供を行い、きずなづくりを進めています。

富岡町では、来春に一部地域が避難指示解除されます。菅野課長は、避難指示が解除されたから終わりではない。今後も伝えていくこと、関心をもってもらうこと、知ってもらうことが必要だとおっしゃっていました。それは「絶対に同じことを繰り返してはいけない」という思いがあるからです。
この菅野課長の言葉に、学生からの反応も大きく、「もっとたくさんのお話を聞きたいと思いました」「自分のできることからやっていきたい」「未来を担う私たち福大生が課題解決のためにボランティアなどを積極的に行っていきたい」という感想が多く聞かれました。

震災以降、まったく人生が変わってしまった菅野課長は、「2回の公務員人生を生きている。震災前後で全く違う。震災後の公務員人生は大変だけれど、多くの人に出会い、このような場で話をさせてもらっていることがありがたい、つらいこともあるが楽しんでいます」とおっしゃっていたのが印象的でした。冒頭、90分では全てを伝えきれない、引き受けなければよかったと冗談ながらおっしゃっていましたが、まだまだお話しを聞きたかったという感想が多かったです。

今後、直接富岡町を訪れる機会をみらいバス等で提供し、より富岡町への理解を深める機会をつくっていきたいと考えています。

菅野課長、お忙しいところ貴重なお話、ありがとうございました。
dsc01371
<参考資料など>
➀富岡町 東日本大震災・原子力災害の記憶と記録 2011.3.11-2014.3.31
冊子は、富岡町のホームページからダウンロードできます。動画は、富岡町フェイスブックから見ることができます。

②「福島・インサイドストーリー 役場職員が見た原発避難と震災復興」公人の友の社 今井照・自治体政策研究会編著  11月刊行予定

③「原発被災地の復興のシナリオ・プランニング」 公人の友の社 金井利之・今井照 11月刊行予定

④「地方創生の正体ーなぜ地域政策は失敗するのか」ちくま新書 山下祐介・金井利之 2015年既刊

⑤「自治体再建ー原発避難と「移動する村」」ちくま新書 今井照 2014年既刊

⑥富岡町ホームページ http://www.tomioka-town.jp/

<教育><社会貢献>【ふくしま未来学入門】第1回メディアは何を伝えたか~ラジオと震災~(10/7)

昨年度開講した「ふくしま未来学入門」
この科目は、地域課題の解決をめざし行動する企業や個人などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の志向を養うことを目指しています。
今年度は、337名の学生と、公開授業にお申込みいただいた25名の一般の方が受講します。

第1回「ふくしま未来学入門」の講師は、フリーアナウンサーの大和田 新さんと、福興浜団 団長の上野敬幸さんでした!

dsc01025dsc01040
大和田新さんは、ラジオ福島退職後もフリーアナウンサーとして「ニューシニアマガジン大和田新のラヂオ長屋(毎週土曜日7:00~)」「月曜Monday夜はこれから! (毎週月曜日19:00~)」などの番組を担当され、震災直後から現地に足を運び、現地の声をラジオを通して伝え続けています。

上野敬幸さんは、南相馬市原町区萱浜在住。両親、8歳の長女、3歳の長男の家族4人を津波によって失い、父親と長男は今もまだ見つかっていません。
震災後、仲間と「福興浜団」を立ち上げ、行方不明者の捜索やがれきなどの清掃等のボランティアを現在も続けています。また、菜の花迷路、鎮魂の花火大会、イルミネーションなど、この地域や人びとに笑顔を届ける取り組みも行っています。

大和田さんには、昨年度もお越しいただき「命の大切さ」について講演いただきましたが、今年は大和田さんと上野さんの対談形式で行いました。

dsc01058

この授業は8割が1年生です。これまでメディアをとおしてしか、現地の様子を知らない学生も多くいます。また、上野さんのように実際にご家族を亡くされた方から話を聞くのは、ほとんどの学生にとって初めてのことです。

約2万人の命が奪われた震災。
福島県では直接死1604人。震災関連死はそれを上回り、今も増えつづけています。言葉で話せば一言ですが、亡くなった全ての方にそれぞれのストーリーがあり、また、その死を受け入れることができない方がその何十倍もいらっしゃいます。

大和田さんは対談の中で何度も学生に向かって「想像してください」と語りかけ、その一人ひとりの想いを想像し、気持ちに寄り添っていくことの大切を教えてくださいました。

上野さんのお話は、「これまで知った気になっていたが、自分が何も知らなかったと痛感させられた」と学生の声にも多くあったほど、あらためて実際にお話を伺うことの大切さを感じました。

また、ご家族を亡くされ、まだお父様と息子さんが見つかっていない状況の中、上野さんがこうして学生の前でその想いを語ってくださるのには、強い想いがあったからです。

ただ伝えたいことは「教訓にしてほしい」ということ。

震災で亡くなった方や被害にあった方を想うのであれば、それを教訓にしてほしい。それができていれば、その後に起きたさまざまな災害においても防災ができていたのではないか・・。
震災から5年半が過ぎましたが、その中でどれだけこの震災や原発事故を教訓にできているのか?
それを私たちに問いかけ、その大切さを改めて考えさせられました。
dscf8045

学生からは、
「メディアは3月11日だけ騒いでいるが、被災した当事者にとって亡くなった家族への思いは毎日変わらないことに気づいた」
「震災の被害は数ではかられるものではなく、一人ひとりに深い悲しみがあり、今後それが消えることはないということに気づいた」
「自分も被災者としての責任があるので、多くの人に伝えていきたい」
という声が聞かれるなど、学生にとって、この震災を自分事ととらえ、自分には何ができるのかを考えるきっかけとなる時間でした。

dscf8061
大和田さん、上野さん。
貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。


H28ふくしま未来学入門授業スケジュール http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=1169
昨年度の様子 http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

<教育><社会貢献>【COC公開授業】H28「ふくしま未来学入門」授業スケジュール

昨年度、新規開講した「ふくしま未来学入門」
この科目は、地域課題の解決をめざし行動する企業などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の志向を養うこ とを目指しています。昨年度は、362名の学生と福島県にお住まいの12名の方が受講しました。(http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499
今年度も337名の学生と公開授業に申し込みくださった25名の方が受講します。

「ふくしま未来学入門」ってどんな科目?

震災・原発事故以降「ふくしま」では、多くの問題が顕在化し、課題先進地域として地域課題の解決と再生が求められています。地域再生をすすめるためには、地域の課題を的確にとらえ、既存の枠にとらわれずに多様なセクターと恊働する課題解決型の思考が必要不可欠です。

福島県のみならず各地域で課題を解決するために様々な取り組みが行われてきていますが、そこでの地域実践は、「ふくしま」の課題解決につながる事はもちろん、これから近い将来日本の社会全体が直面するであろう課題を解決する上でもモデルになると考えられます。

「ふくしま未来学入門」では、地域課題の解決をめざし行動する個人や企業などを講師としてお迎えし、その先進的な取り組みや経験について学びます。また、震災と復興における社会問題や諸現象に対し、学問領域の枠組みを超えて多角的・総合的に考える能力を養うことを目指します。

 

 日程
テーマ
講師
1H28
10/7
メディアは何を伝えたか
~ラジオと震災~
フリーアナウンサー 大和田 新氏
福興浜団 団長 上野 敬幸氏
2H28
10/14
富岡町の役割と復興への軌跡富岡町 産業振興課 課長 菅野 利行氏
3H28
10/21
福島復興の全体像
~福島ならではの動向と課題~

復興庁 福島復興局長 木幡 浩氏
4H28
11/4
新しい農業のカタチを創る大野農園株式会社 代表取締役 大野 栄峰氏
5H28
11/11
南相馬市の現状と復興に向けた取り組み南相馬市長 桜井 勝延氏
6H28
11/18
未来創造学
~ふたば未来学園高等学校の取組み~

福島県立ふたば未来学園高等学校 校長 
丹野 純一氏
7H28
11/25
原発23キローメートルでの医療支援
今現場でなにが起きているか


相馬中央病院 内科医師
南相馬市立総合病院非常勤医 坪倉 正治氏
8H28
12/2
ワカモノの「夢」が、地域を変える!
日本財団学生ボランティアセンター 常務理事
古川 秀雄氏
9H28
12/9
グローバルビジネスを経て、
土着性ビジネスに賭ける

会津電力株式会社 代表取締役副社長
山田 純氏
10H28
12/16
地域のめぐみを活かしたこれからの街づくり
株式会社東芝 
インフラシステム・ソリューション社事業開発センター地域エネルギー担当
小西 千晶氏
11H29
1/6
「いるだけ支援」って何だ!
   ・・・Just be there
福島大学 行政政策学類 教授 鈴木 典夫氏
12H29
1/20
復興支援からの地域づくり
田村市復興応援隊 小林 奈保子氏
双葉町復興支援員 芳門 里美氏
13H29
1/27
風評対策に向けた新たな試み福島学院大学 准教授 木村 信綱氏
飯坂温泉「祭屋湯左衛門」若旦那 柳沼 公貴氏
土湯温泉「ホテル山水荘」若旦那 渡邉 利生氏
14H29
2/3
文化の役目について
~震災から6年をへて~
音楽家 大友 良英氏
15H29
2/10
トークセッション

<教育><社会貢献>【coc公開授業】「ふくしま未来学入門」受講者募集締切ました!

  多彩なゲストに学ぶ 地域再生へのヒント 

  「ふくしま未来学入門」今年も開講!

 

ふくしま未来学では、社会貢献活動の一環として、地域住民のみなさまへ「ふくしま未来学(COC)」の一部の授業科目の公開を行います。

●科目名 「ふくしま未来学入門」
●開講時期 10月~翌2月 金曜日2限目10:20~11:50
●教室 福島大学 L-1教室
●受講料 無料
●受講対象者 福島県内在住・在勤のみなさま
(性別、年齢、学歴を問わずどなたでも受講できます。)
●申込期限 9月25日(日)必着
●申し込み方法 いずれかの方法で申し込みください。
①申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/Wl0OECAoJ5seuy9w2
②Eメール 下記必要事項を明記の上、送付ください。
氏名(ふりがな)/住所/電話番号/メールアドレス/職業/受講希望理由
③F A X
チラシ下部の【申込書】をコピーして、FAXください。
印刷用PDF

COC公開授業チラシCOC公開授業チラシ
※内容、スケジュール等が一部変更になる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふくしま未来学入門」とは?
震災・原発事故以降「ふくしま」では、多くの問題が顕在化し、課題先進地域として地域課題の解決と再生が求められています。地域再生をすすめるためには、地域の課題を的確にとらえ、既存の枠にとらわれずに多様なセクターと恊働する課題解決型の思考が必要不可欠です。

福島県のみならず各地域で課題を解決するために様々な取り組みが行われてきていますが、そこでの地域実践は、「ふくしま」の課題解決につながる事はもちろん、これから近い将来日本の社会全体が直面するであろう課題を解決する上でもモデルになると考えられます。

「ふくしま未来学入門」では、地域課題の解決をめざし行動する個人や企業などを講師としてお迎えし、取り組みや経験について具体的な事例をもとに学び、課題解決型の思考を養うことを目指します。

この機会に、福大生と共に授業を体験してみましょう!
※注意※
福島大学地域連携課が実施する「公開講座」「公開授業」「出前講座」とは異なります。福島大学「公開講座」「公開授業」「出前講座」についてのご案内は福島大学ホームページをご覧下さい
http://www.lll.fukushima-u.ac.jp

▼Q&A
福島大学生が学んでいる「ふくしま未来学」には、どんな授業があるの?
そもそも、「ふくしま未来学」って何?

<社会貢献>ふくしま未来学指定科目の公開授業の受講について(前期 申込期間:4/7-4/14)

今年度公開授業の科目が公開されました。
ふくしま未来学(COC)では、下記の5科目を公開しており、地域のみなさまも受講できます。
一緒に学んでみませんか?

ふくしま未来学(COC)公開授業科目
①グローバル災害論
②原子力災害と地域
③小さな自治体論
④水・土地の汚染と私たちの健康・生活
⑤ふくしま未来学入門

前期(4月~8月)スタートの授業

2015年12月にニュースレターでも取り上げた「グローバル災害論」が、前期に受講できます。

<グローバル災害論>
ローカルな視点だけでなく、グローバルな視点で、復興の経験を共有化し、比較分析することにより、学生に東日本大震災・原発事故からの復興を担う力を身につけてほしいという思いからスタートした授業です。
http://www.lll.fukushima-u.ac.jp/data/pamphlet2016.pdf#page=31

●日時:4月~8月 木曜日1時限(08:40~10:10)
●受講料:7000円
●定員:5名

・申し込み期間:平成28年4月7日(木)~4月14日(木)
詳しくはこちらのページをご覧下さい。

※申し込み/お問い合わせ
福島大学 地域創造支援センター
(事務担当:地域連携課)
TEL:024-548-5211
URL:http://www.lll.fukushima-u.ac.jp/b_jyugyou.html

<教育>【ふくしま未来学入門】スペシャルトークセッション(1/25)

1月25日(月)はスペシャルトークセッション!元内閣府大臣政務官・復興大臣政務官 衆議院議員の亀岡偉民氏の講演、さらにパネルディスカッションは、小高ワーカーズベース代表の和田智行氏、concept-village代表の馬場大治氏、「むらの大学」受講生の木村元哉氏、仮設住宅における「いるだけ支援」に取り組む加藤実可子氏を迎えて行いました。

 

震災直後から故郷福島の再生や復興のために活動を行ってこられた亀岡氏からは、復興にむけて多様な視点を持って挑戦していくことが必要だと、未来をつくる若者への力強いメッセージをいただきました。

IMG_0584

パネルディスカッションでは、南相馬市の小高ワーカーズベース代表の和田智行氏から、小高は現代日本最後のフロンティアであるとして、雇用創出と人材育成のフィールドを整備していくことの必要性が語られました。

IMG_0591

concept-village代表の馬場大治氏は、福島生産者が抱える課題を解決するには、商品開発や消費プロセスの構造を根本的に変えていく必要があると語られました。
さらに福島大学の学生である、「むらの大学」受講生の木村元哉氏からは、若者の役割は世代と世代をつなぐ接着剤になれることだとし、また、仮設住宅におけ る「いるだけ支援」に取り組む加藤実可子氏からは、話を聞く・そばに居るという小さなことでも役に立てることがあると語られ、「学生だからできる役割」を 考えるきっかけとなりました。

IMG_0598IMG_0649

今回の講義では、さまざまな立場から復興への見方や考え方を伺うことができ、受講生は小さなことからでもできることから始め、変化と行動の積み重ねが大事であることを学びました。地域に関わってみたい、チャレンジしてみたいと意気込む受講生も多かったようです。
ご登壇いただいたゲストのみなさま、ありがとうございました。

IMG_9348IMG_0615

今年度のふくしま未来学入門は、来週の授業をもって終了です。来年度も引き続き、開講しますのでお楽しみに。

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

<教育>【ふくしま未来学入門】地域のめぐみを活かしたこれからの街づくり(1/18)

1月18日(月)のゲスト講師は、株式会社東芝の小西千晶氏でした!

 

1月18日(月)は、株式会社東芝の小西氏をゲスト講師としてお招きし、「地域のめぐみを活かしたこれからの街づくり」についてご講義いただきました。

小西さんは、地域にある太陽や森林のエネルギーを地域で使うため、行政や大学、各地域の関係者と協働したプロジェクトを行っています。

講義の中では、現在の日本や福島のエネルギー事情や、東日本大震災以降エネルギーの考え方がシフトしたことなど、わかりやすく説明していただきました。
岩手県の場合、米の生産額と灯油・A重油の年間総販売額がほぼ同額であることは驚きでした。

DSC04431

現在取り組まれている、地域のめぐみを利用した事例は、非常に興味深かったです。それに関わる様々な職種の人たちが一人ひとり自分の役割を果たし、みんなで協力しあうことで実現できるという話に、自分自身におきかえて考えた学生も多く、積極的な質問もありました。

DSC04443

急に大雪が降った日の1限の授業でしたが、小西さんには貴重な講義をしていただき、ありがとうございました。また、東芝さんには、ふくしま未来学に対し多大なるご協力をいただいています。重ねてお礼申し上げます。

 

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

<教育>【ふくしま未来学入門】スペシャルトーセッション、ゲスト決定!(1/25)

1/25、ふくしま未来学入門のスペシャルトーセッション、ゲスト決定しました!

 

1/25のふくしま未来学入門は、スペシャルトークセッションです。
今回は、ふくしまの課題に真摯に向き合い、課題解決にむけた「新しいしくみ」をつくる
若手実践者をお迎えし、地域再生にむけて求められる人材になるためには
どんな力が必要なのかを考えます。

どんなセッションが繰り広げられるか、お楽しみに★
ゲスト詳細は、下記をご覧下さい。

チラシ

<教育>【ふくしま未来学入門】地域の公共財としての鉄道~三陸鉄道 復旧・復興の取り組み~(12/14)

12月14日(月)のゲスト講師は、三陸鉄道株式会社代表取締役社長 望月正彦氏でした!

「地域の公共財としての鉄道~三陸鉄道 復旧・復興の取り組み~」をテーマにご講義いただきました。

DSC04359

三陸鉄道は、岩手県陸中海岸を縦貫する路線を持つ第三セクターの鉄道会社です。沿岸部に住む児童や高齢者の貴重な生活の足となり、NHKの朝ドラ「あまちゃん」のモデルとなったことも加え多くの観光客を運び地域の活性化にも貢献しています。

DSC04347

人口減少や少子化、車社会の到来によって赤字経営の中、東日本大震災が襲い、三陸鉄道は線路を失う等大きなダメージを受けます。その中でも望月社長は、 「鉄道が廃止されて栄えた町はない」「住民の生活の足を守る」という強い意志を持ち、他に類を見ない早さで復旧・復興を遂げてきました。

DSC04383

受講生からは、「望月社長の決断力と行動力で住民の鉄道への信頼が高まったと思う」「新しい発想の取り組みばかりで驚いた」「三陸鉄道の取り組みを福島でも活かしていけないか」という声がありました。
様々な企業との連携により、人や収入を得るしくみをつくり、ムーブメントを興している三陸鉄道の取り組みから多くのことを学ぶ時間となりました。

望月社長、ありがとうございました。

 

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

【ふくしま未来学入門】新たな価値創造 Suica~社会インフラへの発展(12/7)

12月7日(月)のゲスト講師は、日本電設工業株式会社相談役の井上健氏でした!

私たちの日常生活で身近な存在になっている「Suica」。Suicaが”社会インフラ”と成るまでには、16年もの歳月がかかり、そこには数多くの困難 と試行錯誤がありました。井上さんは、その困難に何度も打ち勝ち、さらなるSuicaの発展と他の新規事業へチャレンジしています。

IMG_0203

受講生からは、「新しいものを創造することはたくさんの問題点を克服する作業だと学んだ」「利益を追求するだけでなく社会に役立つという企業の可能性につ いて考えさせられた」などの声があり、顧客のニーズ(地域課題)に対して社会的価値を生み出していくことのおもしろさを受講生は感じていました。

IMG_0033

「ふくしま未来学入門」は地域課題を学ぶだけではなく、その解決方法(しくみ・ビジネス)を生み出す上での考え方を学ぶ授業です。井上さんのお話はまさ に、新しいものをつくる上で「なぜ、それをやるのか?」という基本理念に立つことが何よりも大事であるという考え方を学ぶ時間となりました。

IMG_0202

井上さん、ありがとうございました。

 

coc公開授業
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=499

Page Top