むらの大学紹介

<教育>【むらの大学Ⅰ】南相馬市からゲスト講師をお招きしました(5/20)

今年度から「むらの大学Ⅰ」がスタートし、44名の学生が受講しています。

5月28日(土)に南相馬市で日帰りフィールドワークをするにあたり、地域への理解を深めるために、南相馬市から3名の方に大学へお越しいただき話をしていただきました。

「東日本大震災・東京電力第一原発事故は、何をもたらしたのか?」「被災するとはどういうことか?」短い時間でしたが、それぞれの立場から当時の様子や想い、これまでの取り組みをお伺いしました。
 
●南相馬市市役所 復興企画部 係長 藤原央行氏
行政の立場からの南相馬市の当時の様子と現状をお話しいただきました。震災が起きた際に、業務を行う行政の大変さや想いを知る事で、どれだけ困難な状況の中で復旧・復興がすすめられてきたのか、学生が実感することができました。

<学生感想>
・日本のどこにも前例のない災害に立ち向かっている人がいることを忘れてはいけないと思った
・被災者が苦労しているのは分かっていたが、行政など復興をすすめる側の大変さを知らなかったので藤原さんの話を聞けてよかった
・震災後の対応の困難さ、行政としてできなかったことに対する後悔について、自分も胸が熱くなった
・復興にはまだ時間がかかると聞き、「むらの大学」をとおして少しでも被災地の役にたち、将来も地元に貢献できるようにがんばりたい
DSC06233

 

●株式会社優輪商会 社長 荒 一之氏
震災直後、地域の方のためにトラックを走らせ、津波と原発事故で顧客の6割を失う中でもあきらめず、ひたむきに仕事を続けてきた想いを伺いました。当時、南相馬がどれほど大変な状況にあったのかを感じると共に、その中でも地域の方のためにまわりと協力して「自分ができることを」してきた強い意志を感じました。

<学生感想>
・自身も被災していながら、他の方々のためにトラックを運転してガスをとりに行かれるなどの活動をしていたことに胸が打たれた
・普通の生活を送っていた町が、津波と原発によって一変したことを強く感じた
・顧客を失い、経営が苦しいときでも一生懸命に仕事に打ち込み、ようやく震災前に近い状態になったという話を聞き、絶望的な立場にいるときも「何か自分ができることをする」ことが重要だと思った
DSC06253
 
●おだかぷらっとほーむ 廣畑裕子氏
震災直後の母親としての思い、その後の葛藤や取り組みについて映像を交えてお話を伺いました。「あの日は何をしていたか」という教員・学生への質問を受け、それぞれの時間が巻き戻されました。母親として子どもを心配する気持ちは、当時の自分の家族と重ねて感じる学生も多くいました。

<学生感想>
・「3.11は日本のどこにいても全員が被災者だった」という言葉にハッとさせられた
・廣畑さんが子どもを想う気持ちが、自分の家族と重なった
・日常を過ごしていると忘れがちな「1番何が大切か」を思い出させてもらった
・生きていることが本当に幸せなことだと改めて思った。震災で犠牲になった人の分まで生きていこうと思った。
DSC06283

 

震災・原発事故によって日常を失い、目的を失い、何をしていいのか分からなくなった中、3名の方は「今できること」をしながら、一歩一歩 未来に向かって取り組んできました。学生は、時には涙を見せながら真剣に耳を傾け、この震災・事故についてより自分ごととして深く考えるきっかけとなりました。

貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。

<教育>【むらの大学Ⅰ】授業が始まりました!

昨年、2週間のフィールドワークを南相馬市と川内村でおこなった「むらの大学」は、今年度から「むらの大学Ⅰ~Ⅳ」となり、2年にわたり実践的に学ぶことができる科目となりました。

主に1年生が受講する「むらの大学Ⅰ(前期)」「むらの大学Ⅱ(後期)」では、地域を徹底的に理解することを目的に、南相馬市と川内村へ1年とおして通い、フィールドワークを行います。今年度、「むらの大学Ⅰ」は45名の学生の受講が決まりました。4月22日に行った3回目の授業は南相馬市の事前学習として、南相馬市の歴史と震災後の状況について学びました。

DSC05734 DSC05738

ほとんどの学生にとって、南相馬は行ったことがなく初めて知ることばかり。
学生たちからは、「TVなどのメディアでは伝わらない話や、ありのままの情報が知りたい」「南相馬についてより深く興味を持った」「浜通りの地域再生復興 について何か解決策を見つけたい」「南相馬市で現代ならではの地形を利用した事業が何かできるか知りたい」といった感想が寄せられました。

南相馬市での最初のフィールドワークは5月28日(土)です。
地域のみなさま今年度もどうぞよろしくお願いいたします!

<教育>【むらの大学】川内村で炭焼き&きのこの植菌体験をしました(3/15)

3/15 川内村で炭焼き&きのこの植菌体験をしました!

震災後、県外から川内村に移住した関さん。関さんは、川内村の里山での生活を村外の人に知ってもらい体験する中から、交流人口の拡大と、里山を基盤とした産業を創出することを目的に活動されています。

P1050233

今回はその里山でのプロジェクトの一つである、炭焼きと、原木きのこの植菌を、その道の達人であるお二人の指導により行いました。

P1050227

お二人とも「学生が来てくれてうれしい」と丁寧に説明してくださいました。また、炭焼き、原木きのこ、さらには川内村での生活や思いも話してくださいました。

P1050273P1050268

学生たちはこれをきっかけに、川内村の里山に興味がでてきたようです。また、植菌したきのこが収穫できるのは、来年の秋。きのこの成長と、学生の成長、関さんの里山プロジェクトの今後が楽しみです!

このほか、ひょっとこ踊りを学生が披露したのですが、その話はまた今度(^_-)

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

<教育>【むらの大学】南相馬市の真野川漁港施設開所式に行ってきました(3/21)

3月21日(月祝)、津波で大きな被害を受け再建がすすめられていた真野川漁港の施設開所式が行われました。

IMG_0323

IMG_0298

真野川漁港は、昨年夏の「むらの大学」フィールドワークの初日に訪れ、相馬双葉漁業協同組合理事 鹿島地区代表の松野豊喜さんにお話を伺いました。
当日は南相馬市長、副市長はじめ多くの関係者や地域の方が出席し、試験操業で水揚げされたタラの味噌汁やシラスごはんもふるまわれました。また、アトラクションの真野承万葉太鼓保存会の方々による、太鼓の演奏で大いに盛り上がっていました。

IMG_0338

青空のもと、港に停泊している漁船に大漁旗がかかげられている様子は圧巻で、これほどの大漁旗が並ぶことはなかなかないそうです。

IMG_0340

IMG_0309IMG_0349

港から見える風景はまだ まだ復興の途中ですが、音楽とともに漁船が入港する様と、松野さんの「感無量です」という言葉に胸が熱くなった1日でした。

 

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

第1回 川内の郷かえるマラソンが開催されます(4/30)

4/30に、川内村にて「川内の郷かえるマラソン」が開催されます。
種目は、ハーフ(21.0975km)、10km、5km、1.5km(親子限定)です。

春の川内村で、自然を満喫しながら走りませんか?
「むらの大学」の学生たちも、マラソン大会をサポートしています。

川内村の自然を「心のふるさと」にしてもらいたい。
「また来たい」と思ってもらいたい。
そんな想いから始まった、マラソン大会です。

現在、エントリー受付中です。

問い合わせは
0240-38-3806
http://run-kawauchi.com/
までお願いします。

20160224142551-000120160224142605-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

<教育>【むらの大学】南相馬市小高区で収穫されたお米を奉納し、餅つきをしました(12/21)

12/21 小高区で収穫したお米で餅つきをしてきました!

「むらの大学」受講生と小高区を訪れ、田植え・稲刈り体験をさせていただいた田んぼで収穫された「こがねもち」を使って餅つきをしました。学生も地域の皆さんに教わりながら、初めての餅つきに挑戦です。

IMG_8531

 

お米とお餅は、収穫への感謝の気持ちをこめ、まずは小高神社へ奉納し、皆でつきたてのお餅をいただきました。小高区では農業再開に向け試験栽培を行ってい ます。「5年ぶりでやっと届けることができた」農家の方の言葉に、これまで現状に向き合いながら、ひたむきに取り組み続けてきた年月の重みを感じていま す。

IMG_8619-1FullSizeRender-1

 

「むらの大学」では、また来年も継続して南相馬に関わり続けていきます。
南相馬市のみなさん、今年1年どうもありがとうございました。

FullSizeRender-2

 

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

<教育>【むらの大学】川内村フィールドワーク成果報告会を開催しました(12/13)

12/13 「むらの大学」川内村成果報告会が終了しました!

川内村に2週間滞在し、地域の現状や課題を学んだ「むらの大学」の受講生34名の報告会を、12月13日(日)いわなの郷体験交流館で実施しました。
遠藤村長、秋元教育長、井出商工会長をはじめ、約30名の方々にご参加いただきました。

DSC04279

今回は学生が2週間川内村で過ごし、感じたこと、学んだことから、村がさらによくなるような提案をし、その提案に対してのアイディアや意見を住民の方々からお聞きすることを目的としました。

DSC04124DSC04162

参加者のみなさんからは、一過性で終わらせないでほしい、継続してほしいとの声があがりました。今回は、昨年の受講生の継続的な川内村での取り組みの報告 もあり、地域に継続して関わる仕組みができつつあります。今年の受講生も、引き続き川内村で取り組みたいと考えています。

DSC04339

川内村のみなさん、今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

【むらの大学】南相馬フィールドワーク成果報告会が開催しました(12/5)

12/5「むらの大学」南相馬市成果報告会が終了しました!

12月5日(土)、南相馬市民情報交流センターで、地域実践学習「むらの大学」において南相馬市でフィールドワークを行った22名の学生による成果報告会を行いました。

 

4

※学生たちによるプレゼン

 

桜井市長、江口副市長をはじめ、フィールドワークでお世話になった方など40名近くの方にご参加いただきました。今回これまでの活動をとおして自分たちがやりたいことを発表した後、各グループにわかれて地域の方と一緒に、学生の発表した内容に関してアイデアをだしをしたり、学生が地域に対して何ができるかなど話し合いました。

 

5

※一般参加者も一緒に、アイディア出しワーク

6

※みんなで出し合ったアイディアを発表、共有

 

皆さんから、たくさんのアイデアと暖かい応援の言葉をいただき、「むらの大学」での学びやご縁を1年で終わらせず、来年につなげ継続していきたいと強く思った学生も多かったようです。

 

2

※市長から講評を頂きました

 

南相馬市の皆さん、ありがとうございました。

 

1

※最後にみんなで集合写真

 

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

【むらの大学】フィールドワーク報告会のお知らせ(12/5,12/13)

ふくしま未来学科目である地域実践学習「むらの大学」の成果報告会を開催します。

「むらの大学」は、東日本大震災や原子力災害によって被害を受けた地域に滞在をしながら、住民との交流をとおして、まちの現状を学ぶ授業です。
※むらの大学紹介http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

今回の成果報告会は、60名の受講生が約1年間、南相馬市と川内村でそれぞれ実践しながら学び考えた地域への提案に対して、地元の方々や学内関係者などが広くあつまり、「アイディアを出し合う場」です。

<南相馬フィールドワーク成果報告会>
12月5日(土)13:30~16:00@南相馬市民情報交流センターマルチメディアホール

<川内村フィールドワーク成果報告会>
12月13日(日)13:30~16:00@川内村いわなの郷体験交流館

南相馬市や川内村にお住まいの方はもちろん、これから南相馬市・川内村に関わってみたいという方の参加も大歓迎です!
約1年間の中で大きく成長した彼らと地元の方々とともに、それぞれの地域の未来について考えてみませんか?ぜひご参加ください。

■スケジュール(予定)
13:30 オープニング
13:40 ポスターセッション(学生発表)
15:00 アイディアだしワークショップ
・班に分かれて、学生発表に対して参加者でアイディアを出し合う
15:35 全体共有
15:45 クロージング
16:00 終了

■参加方法
①一般の方(他大学生含む)
・当日、現地集合・解散です。
・参加される方は、「お名前、ご所属、連絡先(携帯番号)、参加希望地域」を【11月26日(木)まで】にメール(miraigaku@adb.fukushima-u.ac.jp)または電話(024-504-2850)で事務局にお知らせください。

②本学の教職員・学生の方
・当日は、両日10:00福島大学発、19:00までを目途に福島大学着でバスで往来を予定しています。参加される本学の教職員及び学生も、バスに同乗することができます(ただし、乗車人数に限りがあります)。
・参加される方は、「お名前、ご所属、連絡先(携帯番号)、参加希望地域、バス同乗希望の有無」を南相馬成果報告会は【12月2日(水)まで】、川内村成果報告会は【12月10日(木)まで】にメール(miraigaku@adb.fukushima-u.ac.jp)で事務局にお知らせください。

20151113120205-000120151113120206-0002

【むらの大学】いわなの郷 感謝祭に参加します(11/29)

11/29(日)09:00~15:00から、川内村の「いわなの郷」で20周年記念の感謝祭に参加します!

福島大学の学生が考案して、10/17-10/18のそばフェスタでも完売になった、川内ピザの販売も行います!!
※川内村の野菜や、いわなを使ったピザを考案しました。川内村のいいところがぎっしりつまったピザです。

他にも、いわな釣りができたり(いわな釣りは今シーズン最後です)、豚汁の無料サービス(数に限りがあります)などもありますので、皆さんもぜひ遊びに来て下さい。

20151109

むらの大学紹介
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=44

むらの大学について
http://coc.net.fukushima-u.ac.jp/?p=60

Page Top