むらの大学紹介

<教育>【むらの大学】南相馬市小高区へ田んぼの除草に行きました(6/7)

6月7日(水)、小高区を「むらの大学」を受講している1年生と、修了生の3年生4名で訪問しました。
今回は、5月28日(日)にむらの大学の学生が餅米を植えた田んぼの除草です。田んぼには、学生が植えた「こがねもち」や、酒米の「雄町」、「コシヒカリ」などが植えられています。

有機栽培をしているため、除草剤などはつかいません。今回は、農家さん自作のビニペット除草機を引いて田んぼの中を歩くという除草方法を行いました。

田植えから10日後ということで、稲はしっかり根をはっていて、根の浅い草だけが浮いてきます。これを2~3回行うことで、除草剤をまかなくてもすむとのことです。

薬を使えば稲の成長も早く、除草剤をまけば手間も省け草もはえてきません。
それでも、ひとつひとつの行程を丁寧に行い、稲と向き合いながらおいしいお米を育てつづけている農家さんの強い想いを感じます。ちなみに、昔は手で稲のまわりをひとつひとつかき混ぜていたそうです。

作業終了後は、28日に定植した「藍」の成長を畑で確かめ、農家さんの家でお茶をいただきながらお話を伺いました。作業だけでなく、こうしてお話を伺うことができるのは学生にとっては貴重な時間です。

毎年、こうしたらいいのではないか?など、仮説をたてそれに取りくんでみても、「農家の1年は1度きり」と言われるように、1年に1回しか稲作はできない上、気象状況など同じ年が訪れるわけでもありません。その中で、こつこつ地道に取り組んでいくのが農業なのだと感じました。。

次回は1週間後にまた除草に行きます。

<教育>【むらの大学】川内村「かわうちふれあい田んぼアート2017」(6/6)

6月3日(土)、川内村で行われた「かわうちふれあい田んぼアート2017」に、「むらの大学」受講生らが参加をしました。
川内村では、2013年にも田んぼアートが実施をされ、その年は、村の名誉村民である、草野心平先生の「心平」と、心平先生が愛した天山文庫の「天山」の文字が描かれたそうです。

今年描いたのは、川内村の自然の村長「モリタロウ」の顔。
かえるのモリタロウの横にハートマークを描いた、とても可愛らしい絵です。
田んぼアートは、様々な色の稲を植えることで、巨大な絵や文字を作り出します。
今回は、6種類の稲を使用しました。

・あかねあそび(観賞用・橙)
・ゆきあそび(観賞用・白)
・べにあそび(観賞用・赤)
・ふくひびき(加工用・黄緑)
・紫穂波(観賞用・濃緑)
・赤穂波(観賞用・緑)

支柱と色テープで「モリタロウ」の輪郭を作り、エリアごとに稲の種類を間違えないように、丁寧にひとつひとつ植えていきました。


通常の田植えとは異なり、稲を植える間隔は狭く、種類ごとにその間隔も異なります。
さらに、直線に植えるだけではないので、参加者同士で声を掛け合いながら、調整をしながら植えていきました。2時間半植え続けた後は、達成感がありました。

場所は、川内村の毛戸地区。
夏~秋頃には、稲が色づき、モリタロウの顔がはっきりと見えてくるそう。
モリタロウがしっかり描かれているかドキドキです。
今年の秋頃には、この場所が、川内村の新たな人が集まる場所、楽しめる場所になっていることと思います。とても楽しみです。

川内村のみなさん、ありがとうございました。

<教育>【むらの大学】南相馬市小高区で田植えを行いました(5/28)

5月28日(日)、地域実践学習「むらの大学」の受講生と修了生の12名が小高区を訪問。
毎年、お世話になっている有機農家さんの田んぼでこがねもち(餅米)を手植えしました。

この日は、震災後初めて鹿島区で稲作を再開する農家さんも来て、一緒に田んぼに入りました。
6年ぶりといっても、その手つきはさすがプロ。

学生も植え方など丁寧に教えていただきながら、楽しい田植えとなりました。
この餅米は、秋のフィールドワークで稲刈りをし、冬には餅つきをします。

その後は、畑に移動し、昨年植えた玉ねぎを収穫し、藍の苗を定植。

有機で育てている玉ねぎを、学生たちは畑でそのままを食べてみました。
農家さんのやさしさがつまった、甘くておいしい玉ねぎにみんな感動!

そして、「藍」は成長したら「生葉染め」をする予定です。

 

次は、10日後に田んぼの草取りに行きます。
これから田んぼや畑に通いながら、農業をとおして小高の農業の可能性を考えていけたらと思います。

お世話になる小高のみなさま、ありがとうございました。
これからどうぞよろしくお願いいたします!

<教育>【むらの大学】第4回 南相馬市・川内村の震災当時の状況と“これから“を知る(5/26)

南相馬市と川内村からゲスト講師をお迎えしました

5月26日(金)の「むらの大学」授業は、4名の方を講師としてお迎えし、南相馬市と川内村に分かれてお話を伺いました。

南相馬市からのゲストは、小高区地域振興課の門馬修一さんと(株)相馬牧場の相馬秀一さん。
門馬係長は、むらの大学受講生と同じ年の娘さんがいらっしゃいます。
震災当時は、家族とわかれ市役所で現場対応をされていた状況や、これからの小高について話をしていただきました。
相馬さんは、原発事故による避難で、それまで飼育していた多くの牛を失うなど、辛い経験を乗り越え、現在は農業や羊の飼育に挑戦しています。

 

川内村からは、産業振興課農政係の遠藤一美さんと、天山祭り実行委員会委員長の石井芳信さん。
石井さんからは、「川内村の暮らしと歴史文化」をテーマに、震災前の川内村の暮らしや草野心平先生について話をしていただきました。
遠藤係長は、5月14日に行った田植えでもお世話になり、「川内村の農業の現状とこれから」について、学生と一緒にやっていきたいことなども熱く語っていただきました。

 

実際に生の声を聞く中で、
・TVでは報道されないような実際の状況を知れてよかった。
・話を聞いて「福島のために何かしたいという」気持ちが強くなった。
・この大震災で自分が学んだことを見つめ直そうと考えさせられた。
といった声が多くきかれました。

各地域の現状を知り、理解を深めることができたことを、これからのフィールドワークにいかしていきます。

ゲスト講師の皆さま、ありがとうございました。

<教育>【むらの大学】川内村で田植えを行いました(5/14)

5月14日(日)、地域実践学習「むらの大学」の受講生と修了生の約20名が、川内村で地域の方々とともに、手植えを行いました。
今回、手植えをしたのは、福島県が中山間地域向けの品種として11年の歳月をかけて開発をした水稲品種の「里山のつぶ」と、福島県オリジナル酒米品種の「夢の香」
川内村では、「里山のつぶ」を特別栽培米として生産。この品種は今年度から本格的にデビューということで、「里山のつぶ」を、“大学生”が“手植え”をして栽培をするのは初めてではないか、ということです。



今後は、役場や農家の方々とともに、「むらの大学」受講生や修了生らが、栽培から管理、収穫、販売までを行うことをとおして、川内村の農業の現状と課題について深く学んでいきます。さらには、農産物のストーリーや生産者の想い、川内村のお米の美味しさを発信していこうと考えています。

とても貴重な体験と時間を、地域の方々と共有しあい、過ごすことができました。
あいにくの天気でしたが、終始、みんな笑顔。

 
川内村のみなさま、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!

<教育><社会貢献>【むらの大学】川内村「川内の郷かえるマラソン」(4/30)

4月30日(日)に福島県双葉郡川内村で行われた「第2回川内の郷かえるマラソン」に、学生がボランティアとして参加をしました。


このマラソン大会は、2016年に川内村の子どもたちの発案から始まった企画です。

今年は、昨年度より多い約1600名のランナーが参加しました(福島大学生もランナーとして走りました!)

ボランティアで参加をした学生たちは、川内村の大自然のなか走るランナーの応援とサポートです。
前日から約20名で会場設営や備品設置など行い、当日は、給水所や誘導、応援隊など各所に分かれて、ランナーを全力応援!

また、「むらの大学」修了生らが、昨年度に引き続き、川内の特産品をふんだんに使った「川内ピザ」も販売しました(大盛況!)

川内村の方々をはじめ、村外の方々も多く関わり、大勢で創り上げ、村も盛り上げる川内マラソン。
ボランティアをするなかで、川内村の自然豊かなところ、村の明るさ、人間味のふれる温かさなどを学生たちは感じていたようです。

参加をした学生のみなさん、2日間、おつかれさまでした。そしてマラソン大会事務局や村民のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

<教育>【むらの大学】第3回 ふくしまの農産物の現状を知る(4/28)

4月28日の第3回授業は、学生にとっても身近で関心のあるテーマである「食」をとおして、福島県の農産物の現状や放射線への知識を深めることを目的に、2人のゲスト講師をお迎えいたしました。

一人目は、経済経営学類 准教授の林 薫平先生。
「福島の食の安全」「地域再生の課題とグリーンツーリズム」についてお話いただきました。

もう一人のゲスト講師は、本学の卒業生でもあり、現在「JAふくしま未来」に勤務されている高野優花さん。「震災・原発事故と闘う~福島の農業の今・そして未来~」をテーマにお話しいただきました。

今回、東京電力第一原子力発電所の事故が、どのような影響をもたらしたのか、その実害と風評被害について詳しく知ることができました。
その中で、農家の方の苦労や、安心安全のための検査がどのように徹底して行われているのか、またそこから生まれた新しい取り組みなど、とって初めて知ることが多くあり、このことをもっと多くの人に伝えて行きたいと感じた学生も多くいました。

初めて知ったこと、関心を持ったことなどを、今後の授業において、より深めていけたらと思います。
林先生、高野さん、ありがとうございました。

<教育><社会貢献>【むらの大学】南相馬市萱浜「菜の花迷路」(5/3)

 

今年も南相馬市萱浜が、菜の花の黄色で一面がおおわれ、甘い香りに包まれています。
この菜の花畑は、団長の上野敬幸さんをはじめとする福興浜団の皆さんによってつくられた

「菜の花の巨大な迷路」です。
萱浜は、東日本大震災の津波で多くの命が奪われました。
涙ばかりだったこの地を、みんなが笑いあえるところにしたいと作り始め、今年で5年目です。
 (昨年の写真)

 

先日、「むらの大学」を受講する1年生も菜の花迷路をつくるお手伝いに行かせていただきました。


今年もかわいい迷路ができています!

きっとGWは菜の花も見頃★

ぜひ、遊びに行ってみてください!

・開催期間:4月29日(土)~5月7日(日)9:30~16:00
・場所:南相馬市原町区萱浜字北才ノ上82
休日のイベント:
 3つの迷路にゴールするとプレゼント!(お子様限定)
 4月30日(日)ポケモンが来ます!
 5月3日(水祝)アルパカが来ます!

写真をクリックするとPDFが開きます。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください
http://ameblo.jp/fukkouhamadan/entry-12267455968.html

 

 

 

<教育>平成29年度「むらの大学」が始まりました!

平成26年度から新規開講した「むらの大学」。
この授業は、「ふくしま未来学」科目の一つであり、原子力災害によって住民が一時避難を余儀なくされた地域をフィールドに、地域課題を実践的に学ぶ授業です。
今年度も、南相馬市小高区と双葉郡川内村をフィールドに、地域に複数回宿泊滞在し、地域住民の方々との交流を通じて、学生は地域の実態を把握し、「地域を深く理解する」ことをめざします。

 

◆第1回授業 ガイダンス(4月7日)
約140名の学生が出席し、「むらの大学」の授業の特徴や、南相馬市と川内村の地域概況、それぞれの地域で何を学ぶのかを教職員が説明しました。また、昨年度の「むらの大学」修了生が、「むらの大学」を受講して学んだことや気づきも発表しました。今年の新入生(1年生)は震災当時、小学校6年生ですが、南相馬市や川内村のことを聞いたことがあるという学生が多くおり、真剣に聞き入っている姿が印象的でした。

 

今年の「むらの大学」では、地域の実情をふまえ、主に下記のテーマを中心に学び、学生ならではの気づきを地域に還元していきます。

 農業 農業再開に向けた取り組みと、農産物への安心回復に向けた取り組みから、生産者の想いを探る。
 歴史 人口減少/高齢化に伴う、お祭りやイベントの保存・継承の取り組みから、住民のアイデンティティを探る。
 生活 帰還した人も帰還していない人も、移住者、子どもたちも誰もが安心して暮らせる、その地域だからこその豊かさ、コミュニティを探る。

ガイダンスを受けた学生は、自分の関心や興味にあわせて、学習する地域【南相馬市】か【川内村】かどちらかを選択しました。受講希望者多数のため、選考を行い、64名(各地域32名)で今年度の「むらの大学」は学習をすすめていきます。

 

◆第2回授業(4月14日)
まずはじめに、受講生は、南相馬市と川内村を学ぶ前に、地震・津波・原発事故の複合災害を受けた福島県全体の現状を学んでいきます。第2回の授業では、清水修二先生にお越しいただき、「福島と原発:その構造と現状」をテーマにお話いただきました。

福島になぜ、原発がつくられたのか。それはどんな背景があったのか。原子力災害からの復興の課題は何かを、社会科学のアプローチから学びました。清水先生から、原子力災害をとおして日本全体の根幹にある問題を学び、そしてこれから「むらの大学」で学ぶうえでの数多くの視座を得ることができました。

 
学生からは、「福島の近隣の県出身なので、よく原発のことは分かっているつもりだったが、全く知らないことばかりだと気がついた」、「原発を誘致することしか、経済を活性できないくらいの限界状態に、当時の町は陥っていたと気づいた」、「『これが正解』と言いきることができないことばかりで、たくさんの人が意見を出し合い、福島の復興という未来を我々が創っていこうと決意することができた」、「今回の話を聞いて、この時期に福島に来た意味を考え直し、この授業でできることを精一杯やって、福島にいたことを隠さなくてもよいような活動にしようと思った」という感想が聞かれました。

次回は、「福島の食の安全性」をテーマに、放射線に基礎知識をまじえ、学んでいきます。
5月からは、南相馬市と川内村に分かれて、学習をすすめていく予定です。

<教育>【むらの大学】学内成果報告会を開催しました(1/27)

1月27日(金)に、
本学附属図書館ラーニングコモンズにて、「むらの大学学内成果報告会」を開催しました。

「むらの大学」は、平成26年度からスタートした、学生と地域の住民との交流をとおして、ともに学び、問題解決の糸口を探す授業です。

今回は、「むらの大学Ⅰ・Ⅱ」と「むらの大学Ⅲ・Ⅳ」それぞれの授業における約1年間の学びや成果を、受講生が発表することをとおして、参加者のみなさまとともに、地域への理解を深め、今後の学習や、地域再生へむけた活動につなげることを目的に開催しました。
会場には、むらの大学受講生・学生・教職員・一般の方々総勢約70名が集まりました。
s_DSC03535

【むらの大学Ⅰ・Ⅱ】
「むらの大学Ⅰ・Ⅱ」では南相馬市と川内村でフィールドワークを行い、地域の課題や魅力を学んできました。
南相馬市でフィールドワークをした10名の受講生(1年生)は、聞き取りをとおして知った、南相馬市の抱える矛盾や課題、歴史など、それぞれの学びと想いを発表しました。学生は、昨年7月に避難指示が解除された小高区を中心に活動してきました。南相馬市は、東京電力福島第一原発からの距離が20km圏内、20~30km圏内、30km圏外という区分けがされたことや、長引く避難生活の中で、課題が複雑にからみあっています。その中で学生自身も悩みながら、様々な方の言葉に耳を傾けてきました。授業の中だけでは全てを理解することは難しいですが、地域の抱える矛盾とジレンマから、地域再生やコミュニティ形成にとって何が大切なのかを学生自身が考えるきっかけとなりました。

川内村でフィールドワークを行った21名の受講生(1年生)は、①川内村の魅力・情報発信、②住民と行政について発表しました。村の魅力は人や環境によってつくられていること。そしてそれを発信し、多くの人たちに足を運んでもらいたいという想いから、インスタグラムを開設し動き出しています。住民と行政の意見の相違について仮説をたて考えてきたグループは、住民と行政が直接対話する機会を維持し、住民が主体的に動き、行政にはたらきかけていくことが重要だと発表しました。どちらも自分たちのことばでしっかり伝えていました。
DSC03532DSC03478

 

【むらの大学Ⅲ・Ⅳ】
「むらの大学Ⅲ・Ⅳ」の受講生10名(2・3年生)が、「地域課題に基づく解決プラン」を提案しました。取り組んだのは、平成26,27年度の「むらの大学」の受講生で、1~2年間継続的に川内村や南相馬市で学び、活動をしてきた学生たちです。地域で自分たちが学ぶだけではなく、「地域に貢献することをやりたい」という想いからでした。授業では、地域課題を深く考えるための方法論を学び、中越地震からの復興現場の視察などを踏まえて、自分が関心を持つ地域課題を解決するためのプランを立案しました。

立案した提案プランは、以下の8つでした。
1)川内村の第二の孫になろう!
2)気仙沼市に愛着を~地元が嫌いなんて言わせない!~
3)伊達市の農産物魅力発信
4)東和地域のこれからにむけて(二本松市東和地区)
5)川内の高校生発信プロジェクト
6)南相馬市外への魅力発信
7)川内ピザB級グルメ化計画
8)COP恩返しプロジェクト(川内村)、うんとイイトコ南相馬![自己学習プログラム]
※「自己学習プログラム」という学内の制度を活用し、授業外で川内村や南相馬市の地域活性に関わる活動を自主的に取り組んだ「むらの大学」修了生も発表しました。
DSC03598DSC03641
DSC03685DSC03678

発表のあとは、受講生と参加者でディスカッションをし、提案プランに対して質問やアイディアを重ねました。
授業や自主的な活動をとおして、自分の想いだけではなく「その地域の方々にとって本当によいことは何か」を考え行動した姿や、「むらの大学」での学びを自分が好きな地域や地元にどう活かしていけるのかを真剣に考え、想いをぶつける姿がありました。この1年間のなかで、より深く地域を理解し、地域や地元に対する自分自身の向き合い方や考え方が変わるなどの、大きな変容と成長があったように思います。

▼発表を聞いた参加者からは、以下のような感想がありました。
●1年生は、初めての経験の中で、それぞれの課題を見つけ出すセンスが良かった。これから、その課題を深めて行って欲しい。
●先輩方は一人一人が理由を持って、まっすぐに自分の取り組みを行っていてすごかった。
●むらの大学で学んだことを活かして他の地域に応用していこうとしているのがよく分かった。面白そうなプランが多くあったので、今後の活動について行動をもっと知りたい。
●実際に現場で活動して課題と解決等を見つけようとしているのがとても良かった。
●よく地域をおさえ、理解した提案だったと思います。どう持続させていくか考えると良いですね。

「むらの大学Ⅰ・Ⅱ」「むらの大学Ⅲ・Ⅳ」の今年の授業はこれで終了になりますが、今後も継続をして、それぞれの地域で関わり、活動をしていく学生たちに期待をしています。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

Page Top